単身パック アート

単身パック引っ越しのコツ

 

東北〜関西、関西〜関東と2度引っ越ししています(どちらもアートで単身パック)。

 

2度目の引っ越しの時は少々荷物が増え、
「単身パックに収まらないかも?」
とアートさんに言われました。

 

なんとか収めたい私は
「1度目の単身パック引っ越しの時、東北のアートさんは全部収めてくれましたよ」と無理を承知で言ったところ、
「関西のプライドがある!」
と言って、トラックの中で荷物を出したり入れたり、
パズルのように組み合わせながら、なんとか収めてくれました。

 

かかった時間、1時間。

 

アート引越センターさんには本当に頭が下がる思いです。

 

2回ともトラブル無く引っ越しできました。

 

引っ越しの3日前に依頼したこともありましたが、
スムーズに対応していただきました。

 

業者さんは黙々と作業して下さる方でお願いして良かったです。

 

単身パックはお得だけど、
当日積みきれないなどのトラブルも考えられるので、
BOXサイズやトラックのサイズをよく確認しておき、
余計な荷物は処分しておくと、スムーズな引っ越しができますね。

アート引越センターを友人に勧める理由

 

アート引越センター・オススメの理由は作業の丁寧さ!

 

とてもテキパキと作業してくれて、あっという間に荷物を積み込んでいく様子に感動しました。

 

全部積み込み終わった後、トラックにまだ荷物を積める余裕があるからということで、自分たちで持っていく予定だったダンボールまで、積み込んでくれました。

 

本ばかり詰めたとても重いダンボールもさっと一人で持ち上げて運んでいく姿は格好よかったです。

 

夏休みだったのでとても暑かったのですが、汗をかきながら、一生懸命作業してくれました。

 

時々汗が落ちるのが気にはなりましたが、これは仕方がないことなので、我慢しました。

 

荷物を降ろす時は、新しい靴下に履き替えてくれて、荷物も丁寧にきちんと置いてくれて気分がよかったです。

 

引っ越しする予定の友人には、もちろんアート引越センターをお勧めしました。

 

 

 

ダンボールには、どこの荷物、誰の荷物かを記入するだけではなく、こと細かく入れた物を記入しておくことをお勧めします。

 

例えば、キッチン用品が1つのダンボールで収まるのであれば、問題ないですが、何箱にも分けて入れる場合は、大ざっぱに分けていても、入らなかったものや入れ忘れたものなどを違うダンボールに入れることもよくあります。

 

特に困るのが、引っ越しした当日にすぐに使いたいものや次の朝使うものです。

 

キッチン用品は特に細かく記入した方がよいです(お玉、包丁、調味料など)。

 

どこに入れたかを覚えておこうと思っていてもたいてい忘れてしまい、何箱も開けて探す羽目になります。

 

ダンボールに入れたその場で、面倒でもすぐに記入してみてください。

 

アート引越センターの「一戸建て引越しプラン」ってどう?

 

一戸建て引越しプランを利用して家族引越しをしました

営業さんが、清潔そうで説明もわかりやすかったのが良かったです。

 

他の業者の営業さんは、タバコ臭いままでこられたので説明を受けている時不快な思いをしました。

 

最初は、インターネットで申し込んだんですが、そこから見積もりを依頼すると洗濯洗剤のセットが特典としていただけたのも良かったです。

 

見積もりをしてもらう時最後にきてもらったのですが、価格交渉もいろんな会社の見積もりを比較して交渉したところ即決で回答してもらえたので良かったです。

 

たまたま決裁権ある人だったのが良かったのかもしれませんが、その時の方はグループリーダーのような役職だったと思います。

 

実際の引越しの際にもテキパキ作業してもらって対応も感じが良かったので、今後も引越しの際にはお願いしようと思います。

 

何かアドバイスがあれば教えて下さい

やはり、一番気になるところは引越し費用になるかと思いますので、まずは、そのことについて。

 

最近はインターネットで見積もり依頼ができて特典がつくところもありますので積極的に利用したいものです。

 

中には見積もりを取るだけでももらえるところもあります。

 

ですがキャンペーン期間等があるので常時行われているかはその時に確認が必要です。

 

実際に見積もりを持ってきてもらいそこで、営業さんの身なりだったり、清潔感、タバコのニオイがしないか等はしっかり確認された方が良いと思います。

 

仮にそこが多少見積もり金額が高くてもそういうところに気を使っている営業さんの所の方が作業もしっかりしていただけますし、大概見積もり金額も安いとこに合わせてくれたりしますので遠慮せずに交渉してみると良いです。

引越し一括見積りサイト・アート引越センターを使った感想

 

引越し業者一括見積りサイトについて

 

アート引越センターの件を言う前にまずアドバイスしたいことがあります。

 

インターネット上で複数の引っ越し業者を掲載し、一括で無料見積もり致します!と言うサイトがありますが、あまりおすすめできません。

 

引っ越し未経験で初めて引っ越しをする際、一番安く行える業者がわかるだろうと登録しました。

 

登録した時間は夜中23時を過ぎていましたが、複数の業者から次々と電話が…その後、仕事中も電話がき続け大変でした。

 

引っ越し業者を確定しても、その情報は共有されないので電話はき続けます!

 

引っ越し業者を探す際は、知人や口コミなどで2社くらいに絞り見積もりを立てていただくことをおすすめします!

 

 

 

アート引越センターを使った感想

 

友人が引っ越しをした際にアート引っ越しセンターを利用し、他者と比較しても低価格だったとの情報を聞き利用しました。

 

インターネットから無料見積もりをし、すぐにオペレータさんから電話をいただき見積もり日(訪問)を決定しました。

 

見積もり日には、いわゆる営業マンといった方が来られ、大型家具や家電製品などをチェックし見積もりを立てていただきました。

 

引っ越し先が車で30分圏内、荷物は1LDKに収まるくらいと少なかったのもありますが、とてもお安くしていただきました。

 

梱包作業は、衣装ケースやハンガーにかかっているものはそのままでいいと言うことで、細かなキッチン用日や洗面具、雑貨などを詰めるだけだったので非常に楽でした。

 

当日の引っ越し作業に関しても丁寧に運んでいただき対応も良く満足でした。

 

 

引っ越し先で私が一番調べればよかった...と思ったのが、水道の温度です。

 

冷たい方は問題ありませんが、暖かい方が、何と最高80度まで出ます。

 

水道局の方も珍しいと言っておりました。

 

室内に給湯器はなく、お湯を出すときは水と調節して利用しています。

 

非常に面倒なので、物件探しの際は確かめることをおすすめします。

 

新生活を始めるならアート引越センター!(初引越し体験談)

 

 

アートの単身パックを頼む前に!たった5分で出来る値引き術

初めての引っ越しで、見積もりをしてもらう時点で、どこの引越社にするか迷っていました。

 

アートさんのCMをみて、母がここにしようと言ったので、アートさんにお願いすることにしました。

 

家具や、冷蔵庫などのでかい物を傷をつけずにちゃんと運んで設置してもらえるのか、などの不安もありましたが、作業をみて、丁寧かつスピーディーで細かいところまで気を配っているのをみて、安心し任せようとおもいました。

 

一人一人の荷物ごとに分けてくれ、一階に置くもの、二階に置くものも分けてくれ引っ越しがとてもやり易かったです。

 

引っ越し先についてから、設置が完了するまでの時間も早かったですし、すぐにでも生活が始められるなと感じました。

 

もちろん、家族総出の引っ越しだけでなく、私の引っ越しや兄の引っ越しももちろんアートさんにおまかせしました。

 

問題もなく、任せられるのはアートさんだけと、初めての引っ越しで感じました。

 

 

引っ越しの見積もりはなるべく沢山の社でしてもらうとよいでしょう。

 

いろんな社があるので迷いますが、サービスの丁寧さ、迅速さも安さなども含め、いろんな方から体験談を聞いたりして十分に吟味してから決めた方がよいと思います。

 

引っ越し先が決まったら、まずはどこに何を置くかをある程度頭の中で描き、いるものといらないものを区別しておきましょう。

 

なるべく身軽な状態で引っ越しをしてほうが、新たな生活をすぐにできるようになるので、着れなくなった服などはリサイクルショップや、今ならメルカリを使って売るのもよいでしょう。

 

荷物は場所ごとに、種類ごとに分かり易くまとめておくとやり易いでしょう。

 

いらないものは思い切って捨てて、なるべくいるもの、必要な物だけを持っていくほうがいいような感じもします。

 

アート引越センターを安く使うコツ

 

 

アート引越センターの基本コース&荷造りを自分たちでやると安くなりますよ

 

費用が比較的安かったと思います。

 

タンスなど角のある物は、布製の物で覆ってくれました。

 

傷がつかないように、細心の注意を払って運んで頂いたので、安心でした。

 

お皿など割れやすいものは特に気を使って運んでくれたことが良かったです。

 

荷物の方も守っていただきましたが、新居の方にも傷が付かないように、布製の物で覆ってくださいました。

 

基本コースだったので、荷造りや荷解きは自分でしました。

 

基本コース以外にも色んなコースがあり、荷造りも荷解きもお任せできるコースに、荷造りは自分で行い、荷解きは自分でしたい、という細かい要望にも応えてくれるところがいいと思います。

 

私の家では、自身で荷造りなどを行ったので、コストを安くすることができました。

 

 

 

荷造りを早めに終らせるには?

 

引っ越しのコツは、やはり荷造りをコツコツと早い段階からやっておくことだと思います。

 

思っている以上に時間がかかりますので、取り掛かり始めるのに早いに越したことはないかと思います。

 

特に家族が多い場合、子どもがいる家庭などは荷物も多いので気を付けておいた方がいいと思います。

 

必要なもの、不要なものを分けるのだけでも、案外時間がかかりました。

 

割れ物を包むにも一つひとつ新聞紙などで包まなくてはなりません。

 

段ボールを見て、すぐに一目で何が入っているかわかるように、持ち主の名前や入っているものを外側に書いておくのは基本だと思います。

 

段ボールの中身が少なくて、空洞がある場合はクッションなどを詰めて入れておくと、中身がぐちゃぐちゃにならなくていいと思います。

 

貴重品は手元に持っておくと安心です。